ぎっくり腰に効くマッサージ整体

腰痛(ぎっくり腰)は肥満からもくる?

太っている人は気を付けよう

加齢に伴い、どうしてもぎっくり腰などの腰痛を患いやすくなってきてしまいますが、一概にお年寄りだけがぎっくり腰に悩まされるとは限りません。若い方でも、例えば肥満傾向にあるという方は、腰に常に大きな負担がかかっていると言えるので、肥満が原因でぎっくり腰になってしまう事も十分にあり得るのです。肥満の人は、腰回りに脂肪がついています。その脂肪の重みは、腰にとっても負担になってきます。

 

元々、腰というのは、上半身を支える要の部分となっていますので、ある程度の重みには適応できるようになっていますが、余分についた脂肪の重みが追加されてしまいますと、腰だけの力では、支えきれない事があります。ご自分の身長に合った標準体重から、かなりオーバーしている体重の方は、腰に大きな負担をかけてしまっていると言えます。その負担は、歩いている時や、立っている時など、常に腰にとっては重い負担がのしかかってきてしまっています。

 

そのため、肥満の方は、標準の方よりも、腰痛を持ちやすいという事が考えられるのです。腰には過度な負担をかける事はすすめられません。

 

肥満を予防していこう

肥満の方は、腰痛を予防していくためにも、ダイエットに励まなければいけません。肥満の状態が長く続いてしまいますと、腰に負担がかかるだけではなく、猫背になってきてしまったりと、姿勢も前かがみになってきてしまい、骨盤が変形してきてしまう事もあるのです。

 

腰というのは、身体の中心部にあたりますので、とても重要な部分です。腰に負担がかかってしまう事で、色々な事に影響してきてしまいますので、運動をして脂肪を落としていく努力をするなど、適切な対策を実行していきましょう。