ぎっくり腰に効くマッサージ整体

ぎっくり腰になってしまったら〜応急処置〜

とにかく冷やそう

ぎっくり腰になった時は、腰にサポーターを巻くなどの対処法もありますが、その他には、「冷やす」という方法があります。応急措置するという事を考えますと、温めるよりか、冷やす方が適当になってきます。よく、ぎっくり腰には温めた方がいいのでは?という方もいらっしゃいますが、これは間違いです。比較的ぎっくり腰の症状が落ち着いてきた時には、患部を温めてみてもいいのですが、ぎっくり腰になりたての時は、応急措置として冷やす事が適当です。

 

ぎっくり腰には温めておく方が効果的だと思う方も多く、入浴したり、患部を揉み解す方もいらっしゃいますが、これは確かに一時的にはとても気持ちが良く、効果があるかのようにも感じられますが、元々熱を持っている炎症部分に、更に熱を与えてしまう事になるため、火に油を注ぐ行為となってしまうので、十分気を付けましょう。

 

楽な態勢をとる

ぎっくり腰になった時は、とにかく安静にしている事が大切です。普段から運動をよく行う方であっても、ぎっくり腰になった時は、運動を控え、横になるなどして、腰を落ち着かせましょう。安静にする時は、必ず自分が楽だと感じる態勢で横になるなどするようにして下さい。

 

楽な状態を保つ事で、ぎっくり腰の患部の炎症も軽減されていくのです。普段の姿勢にも気を付けてみましょう。腰にかかるような姿勢をしてしまうと、それだけ腰に負担がかかってしまいます。猫背になりすぎてしまう事がないようにする事もポイントです。