ぎっくり腰に効くマッサージ整体

ぎっくり腰になったら冷やすのか温めるのか

ぎっくり腰には冷やすのがいい

ぎっくり腰になったら、温めるよりかは、冷やすようにしましょう。特に、ぎっくり腰の応急措置をとる時は、温めるよりかは、冷やす方が断然いいのです。ぎっくり腰の患部は、炎症を起こしているため、熱を持っています。

 

そのため、温かい蒸しタオルをあてたり、じっくりと入浴するなどして患部を温めてしまいますと、更に患部は熱を持ってしまいます。元々熱を持っているところにまた熱を追加してしまいますと、刺激を与えてしまう事になってしまいますので、更に炎症が悪化してしまう事があります。ぎっくり腰には、温める事はすすめられません。温めるのは、ぎっくり腰の症状が治りかけてきた頃にしましょう。

 

ぎっくり腰の患部を冷やす

ぎっくり腰になった時は、とにかく冷やす事が進められるのですが、冷やす時に使うアイテムには、湿布を使うといいでしょう。湿布は期限切れではないもの、新しいものを使うようにして下さい。ぎっくり腰の患部は、冷やす事で炎症による熱を冷ましていく事ができるので、とても効果的なのです。

 

しかし、ぎっくり腰には冷やす事がいいからといって、湿布を長時間貼りっぱなしにしてしまったり、冷やしすぎてしまうもまた良くありません。適度に冷やす事が一番効果的ですので、過度に冷やさないように気を付けましょう。長時間冷やしたからといって、早く治るというわけではないですし、冷やせば冷やすほどいいというわけではありません。一番いけないのは、キンキンに冷えた氷を直接患部に当ててしまう事です。